新登場: 成果と関連性をさらに向上させるパフォーマンス広告ソリューション

ジャスティン・ホアン、トン・ワン、ダン・カン(プロダクトマネージメント)
ジャスティン・ホアン、トン・ワン、ダン・カン(プロダクトマネージメント)
商品の最新情報

ホリデーシーズンを迎える中、Twitterの新たな主要広告商品である「ウェブサイトコンバージョン最適化」、「ダイナミック商品広告」、「コレクション広告」の3つのリリースを皆様にご案内できることをとても嬉しく思います。広告主様はこれらの商品により、中位ファネル~下位ファネルの指標を向上させ、広告をより関連性が高いTwitter利用者に配信できるようになります。今年刷新されたTwitterピクセル、コンバージョンAPI、アプリ購入最適化といったソリューションが活用されている、これらすべての新機能は全世界でご利用いただけます。

ウェブサイトコンバージョン最適化

ウェブサイトコンバージョン最適化(WCO)は、コンバージョン目標を大幅に再構築したもので、ローワーファネルのウェブサイトアクション(「カートに追加」や「購入」など)へのコンバージョンの可能性が高い利用者へのリーチを強化します。

仕組み

利用者のランディングページ訪問後の具体的な目標(「カートに追加」、「購入」、「リード獲得」、または「サブスクライバー獲得」)を設定すると、Twitterの利用者レベルアルゴリズムが、より関連性の高いオーディエンスをターゲティングして、その目標を達成する可能性が高い利用者にリーチします。コンバージョンあたりのコストの削減率は、初期テストで平均25%を達成しています。なお、御社のウェブサイトでの利用者の行動に合わせた最適化を行うため、WCOではTwitterピクセルかコンバージョンAPI(CAPI)を使用する必要があります。

ダイナミック商品広告

ダイナミック商品広告(DPA)により、何らかの条件に最も当てはまる商品を、適切な利用者に適切なタイミングで宣伝して、売上やコンバージョンを増加させることができます。

仕組み

  • DPAのリターゲティングを利用することで、御社のウェブサイトで商品にエンゲージした(たとえば商品をカートに追加するなどした)経験を持ちながらまだ購入に至っていない利用者をターゲティングし、その商品の広告を配信できます。

  • DPAの見込み顧客ターゲティングでは、御社のウェブサイトへの訪問歴がない利用者に対し、関連性の高い特定の商品の広告を配信することで、新たな顧客を獲得できます。

  • 商品カタログにフィード管理プラットフォームを使用している広告主様は、Twitterマーケティングパートナーと連携することで、商品戦略を簡単に拡大できます。

初期テストでは、ダイナミック商品広告を利用した広告主様の顧客獲得あたりのコストは30~88%削減されました。なお、DPAのリターゲティングもWCOと同様に、御社のウェブサイトでの利用者の行動に合わせた最適化を行うため、TwitterピクセルかコンバージョンAPIを使用する必要があります。DPAの見込み顧客ターゲティングではTwitterピクセルかコンバージョンAPIの実装によって恩恵をうけるものの、必須ではありません。

コレクション広告

コレクション広告は、メインのヒーロー画像1つと、その下に複数の小さなサムネイル画像を表示する体裁で、商品画像のコレクションを紹介できるTwitter広告のフォーマットです。Twitterプラットフォームの利用者に、ビジュアルを前面に打ち出した没入感のある広告を配信できます。

仕組み

メイン画像は固定表示され、サムネイル画像は横方向にスクロールして閲覧できます。画像をタップした利用者の誘導先として、画像ごとに異なるランディングページを設定できます。

初期テストでは、平均クリック率が42%、インプレッションごとの平均コンバージョン率が54%増加しました。

Twitter広告を始めませんか?

Twitter黒色引き裂き効果フッター画像