Twitterアナリティクスでビジネスを拡大させる秘訣

Best practices
オフィスでノートパソコンを広げて作業中の女性エグゼクティブの画像。

大小を問わず、リソース不足はブランド共通の悩みです。Twitterのターゲティング精度を高める際にデータを活用すると、生産性を意識してデータが活用できるため、リソースの幅が広がります。

データに基づく意志決定では、まず達成目標を定義し、その目標に見合ったデータ形式を明らかにします。クリック数向上が目標の場合、プロモーション効果を高めたいツイートの意志決定にエンゲージメント数のデータが役立つとは断言できません。

目標と測定方法の定義づけが終わったら、データを解釈し、その解釈をもとに意志決定を行うプロセスを決めます。最後にデータの次の波を測定し、意志決定が成果に与えた影響を検討してください。ここまでのプロセスを何度も繰り返します。

Twitterアナリティクスでビジネスを拡大させる

Twitterアナリティクスから、Twitterで発信するコンテンツをあなたのビジネスの成長につなげるノウハウがわかります。管理画面には意思決定プロセスを支援する機能がいくつも用意されています。

  • コンテンツの改善: 通常のツイートで、インプレッション数やエンゲージメント数を集めてきたものを分析することでトレンドがわかります。こうしたパターンがつかめると、フォロワーが共感するようツイートを意識して作成する上で参考になります。インプレッションやエンゲージメントのデータから、ツイートに使われた動画やリンク、GIF画像、ハッシュタグ付きのツイートに対するオーディエンスの反応がわかるため、好評だった要素を今後作成するツイートに組み込むことができます。

  • 動画コンテンツの効果を知る: コンテンツ戦略の一環として動画をすでに活用しているなら、ユーザーの動向は動画の再生数データを追跡すればおおまかに把握できるでしょう。手はじめに、ユーザーが最後まで再生した動画数の検討をお勧めします。

  • 予算の割り振り: ツイートをすべてプロモーション対象とするのはコスト効率上思わしくないため、アナリティクスで得たデータを利用し、プロモーションの優先順位が高いツイートを特定できます。フォロワーによるオーガニックエンゲージメントがターゲットオーディエンスの高いエンゲージメントに繋がるかどうかも、このデータからわかります。

Twitterアナリティクスを活用し、データに裏打ちされた広告の意思決定を始めましょう。データを頼れるパートナーにしましょう。

Twitter広告を始めませんか?