顧客とのダイレクトメッセージの会話を改善する方法

Solutions

Twitterの利用者がブランドをフォローする理由のひとつが顧客サービスであり、企業は利用者からの質問やコメントに直接対応することを期待されています。企業にとって、個人的なやりとりを通して顧客と関係づくりができることは極めて効果的かつ大切です。

今回は、ダイレクトメッセージの会話をより有意義にする方法をご紹介します。

ウェルカムメッセージを作る

Twitter利用者からダイレクトメッセージを受けられる設定にすることで、サポートインジケーターやメッセージボタンなど、ビジネスアカウント向けのさらなる顧客サポート機能が使えるようになります。自動送信されるウェルカムメッセージを使えば、顧客がダイレクトメッセージの会話を開いたときに、相手のアクションを待たずに、こちらから最初のメッセージを送り、期待を高めることができます。

ビジネス機能ページでウェルカムメッセージを作ることができます。

#アドバイス: デフォルトの設定では、過去7日間ブランドアカウントと会話をしていない利用者がダイレクトメッセージを始めようとする場合に、ウェルカムメッセージが表示されます。

ブランドへの信頼を高める

顧客とのやりとりで重要なのは、信頼感を与えることと役に立つことです。それを可能にするのがウェルカムメッセージです。ウェルカムメッセージを作るときは、次のポイントに従いましょう。

  • ブランドボイスを表現する
  • 献身的な姿勢を示す
  • ブランドとつながりを持ちやすいように導く

#アドバイス: ウェルカムメッセージの長さは10、000文字までですが、画面上(モバイル端末やブラウザ)で読みやすい長さのメッセージにすることをおすすめします。

ウェルカムメッセージを上手に活用すれば、顧客と特別感を生み出す手段として役立ちます。Twitterの最新情報やその他のビジネスのヒントについては、@TwitterBizJPをフォローしてください。

Twitter広告導入の準備は整いましたか?