クライアントがTwitterでのブランドボイスを見つけられるよう支援する方法

ベストプラクティス
オフィスで同僚と談笑する水色のシャツを着た男性

広告代理店様が、クライアントのTwitter広告キャンペーンを企画する上で基本的な要素となるのが、クライアントの目標、ターゲットオーディエンスのペルソナ、そしてクライアント独自のブランドボイスです。

適切に定義されたブランドボイスは、クライアントが、Twitterで意図するオーディエンスをターゲティングしたり、そうしたオーディエンスにとって、より評価・認知できる存在となったり、そうしたオーディエンスとのつながりを築いたりするのに役立つ、ブランドアフィニティやブランドロイヤルティの主要な要素の1つとなります。

御社のクライアントは、自身のブランドボイスをまだ把握していないかもしれませんが、それでも構いません。クライアントがTwitterでのブランドボイスを見つけられるように支援する5つの方法を以下に紹介します。
 

クライアントのブランドボイスを見極める

トーンとボイスは似て非なるものです。ブランドのボイスとは、「スマート」、「面白い」、「格好いい」、「風刺が効いている」、「控え目」といった、ブランドの個性を指します。

一方のトーンは、ブランドのボイスが適用されたものを指します。ブランドボイスのオーディエンスへの伝え方は、そのチャンネルや状況により異なります。たとえば、ブランドのボイスが「面白い」ものであれば、そのツイートでは気の利いたユーモアやGIF画像が使われることがよくあります。

個性を発揮したり、フォロワーを楽しませたりするブランドにとっての優れた情報発信源となるTwitterでは、コミュニケーションは素早く、会話のように展開され、率直で、真実味があるため、ブランドは人間味のある、オープンな姿勢でオーディエンスと接することができます。

御社のクライアントが明確なブランドボイスをまだ確立していない場合、クライアントがフォロワーに与えたい印象を表す形容詞(たとえば 「遊び心がある」、「思いやりがある」、「愉快」、「誠実」、「情報に通じている」など)を見つけるのを手伝ってあげましょう。

クライアントのトーンを評価する

クライアントは、Twitterでオーディエンスに語りかける際、相手にどのように感じてもらいたいと考えていますか?クライアントは自身の業界において、どのような独自の視点を持っていますか?クライアントはどのような存在(専門知識のあるガイド、友達、または楽しくて気晴らしになるコンテンツの情報源など)になろうとしていますか?

御社のクライアントは、顧客に対する透明性と、妥協のない誠実さを大切な信条としているかもしれません。さまざまな舞台裏に関するコンテンツを共有したり、フォロワーに自社の商品やサービスに関する意見を募ったり、会話やTwitter投票を通じて、フォロワーにブランドの意思決定に参加してもらったりすることにより、そうしたクライアントの姿勢をTwitterで前面に打ち出すことができます。

重要なヒント: クライアントのブランドボイス、トーン、コンテンツが、ブランドの目標に適したものであることを確認しましょう。ご参考までに、ブランドの目標と、それに適したトーンやコンテンツについて、いくつかのアイデアを以下に紹介します。

  • ソートリーダーシップ: 独自の調査、ブランドリーダーのインタビュー、業界のトレンドやインサイトといった、情報に基づくトーンおよびコンテンツ。

  • ブランド認知: 個性を大いにアピールする、オープンで共感できるトーンと、簡単に共有できる活用事例やブランドビジュアルなどのコンテンツ。返信、コメント、リツイートを通じて、Twitterの他の利用者とのコミュニケーションを可能な限り取って、存在感を印象付けましょう。

  • エンゲージメントの増加: 会話調のトーンと明確なコールトゥアクションは、エンゲージメントに効果を発揮します。動画、GIF画像、ミーム、投票は、ツイートの魅力を高めるのに役立ちます。


顧客に関するインサイトを活用する

次に、クライアントの顧客の行動と、Twitterでのクライアントのブランドボイスとの間のつながりを築くため、クライアントの顧客に焦点を合わせます。

対象のオーディエンスが、Twitterでどのようにコミュニケーションを取っているか確認します。クライアントのTwitterでのブランドボイスにおいては、ある程度、そうしたコミュニケーションを模倣することや、そうしたコミュニケーションに適応することが、ブランドによるつながりの構築に役立ちます(ただし、そのコミュニケーションに真実味がある場合に限ります)。

たとえば、クライアントのオーディエンスが主にZ世代で、ミームに強く反応したり、トレンドになっているハッシュタグや、人気のあるハッシュタグを常に使用していたりするのであれば、そうしたインサイトを活用して、クライアントのツイートを計画し、オーディエンスの反響を呼ぶ広告キャンペーンを作成しましょう。

そして忘れてはならないのが、フォロワーに関する優れたインサイトを提供するTwitterアナリティクスです。Twitterアナリティクスから得られる8つの有益なインサイトをこちらで紹介しています。

ハッシュタグについて、ちょっとした調査を実施する

クライアントがオーディエンスを拡大できるように、オーディエンスがTwitterで実際に使用しているハッシュタグについて考えてみましょう。次に、そのハッシュタグのリストを使用して、それぞれのハッシュタグを交えて行われている会話について調査します。

その結果から、クライアントが参加するトピックの「範囲」、すなわち、クライアントの価値、トーン、ビジネス戦略、ブランドガイドラインに適った会話を決定します。ハッシュタグとトピックの両方を、ツイートする内容の指針として、クライアントのTwitter戦略に取り入れます。

そしてもう1つ実践すべきなのが、クライアントがTwitterで使用しないハッシュタグや、参加しない会話を決定することです。

重要なヒント: クライアントがTwitterで使用する絵文字と使用しない絵文字を決定します。広告代理店様とそのクライアントが、ガイドや指針として役立てることのできるTwitterのワークシート「Twitterでの伝え方を考える」は、こちらからダウンロードすることができます。

他のブランドを参考にする

Twitterでクライアントも取り入れたいと考える、ブランドボイス、意気込み、存在感を持つ他のブランドの事例を、クライアントと連携して見つけます。そうすることで、ブランドのトーンとボイスに関する取り組みを確固たるものにし、クライアントの期待する内容についての誤解を避けることができます。

競合他社の調査も有益です。クライアントの業界では、どのようなツイートが高いエンゲージメントを獲得しているか把握することができるためです。


クライアントのTwitterでのブランドボイスや目標がどのようなものであっても、オーディエンスとつながるのに役立つTwitter広告商品がきっとあります。

以下のリンクをクリックして、広告代理店のためのTwitter広告活用術をダウンロードし、広告キャンペーンに関するさまざまな情報、ヒント、アイデア、活用事例をご覧ください。

Twitter広告を始めませんか?

裂け目のような黒いTwitterのフッター画像