Twitter広告を始める際に押さえるべき3つのポイント

Twitter広告のご利用をお考えですか?当社のカスタマーサクセススペシャリストである@ChloeMierがTwitter広告を始めるためのヒントをお届けします。

Twitterで広告キャンペーンを行う際、さまざまな要素を検討しなければなりません。キャンペーンの成功に向けて準備を整え、Twitter広告を最大限活用できるよう、カスタマーサクセススペシャリストとしてアドバイスいたします。

Twitter広告を始める準備として、まず広告主のみなさんには次の質問をしています。キャンペーン開始前に各質問の答えを確認しておくと、スムーズな広告運用が可能になり、それにより商品やサービスの発表スケジュールにあわせた展開が実現できます。

広告アカウントの準備はできていますか?

まずはここからです。Twitter広告キャンペーンを設定するには、広告アカウント(Twitter広告マネージャーともいいます)を開設する必要があります。まだ広告アカウントをお持ちでない場合やリンク先がわからない場合は、ads.twitter.comにアクセスして、広告を配信したいTwitterアカウントにログインしてください。

ここからキャンペーン作成ツールなどのTwitter広告の機能にアクセスできます。広告アカウントに初めてログインする場合、基本的なアカウント情報(タイムゾーンなど)の入力を求められます。以前にキャンペーンを実施したことがある場合は、このページに入力済みの情報が表示されます。

注意するポイント:Twitterアカウントが最近作成されたものである場合、広告アカウントが有効になるまで少々お時間がかかります。

複数の広告アカウントをお持ちの場合は、どのアカウントから広告を配信しますか?

広告配信用に複数の広告アカウントをお持ちのケースがあります。お客様の代理でTwitter広告を運用する場合は、使用する広告アカウントを事前に確認しておきましょう。

この場合、 マルチユーザ―ログインを有効にし、広告代理店が専用の広告アカウントを作成して、そこから広告主のユーザー名で運用することをお勧めします。原則としては、広告主の広告アカウントの「コピー」を作成し、広告代理店に割り当てます。こうすることで、広告主と代理店の両方が運用に関わる場合でも、請求に絡む問題や混乱を避けられ、慎重に扱うべき請求内容の詳細を非公開にできるため、キャンペーンベースでの管理がしやすくなります。以上のように広告アカウントを作成する方法については、Twitter広告サポートをご覧になるか、アカウント管理者にお問い合わせください。

お支払い方法を決めましょう。

Twitter広告のお支払い方法は2種類あります。

  • クレジットカード: 広告アカウントの [お支払い方法] タブにて、新たな支払い方法として使用するクレジットカードの情報を入力すると、キャンペーンを作成する際に選択できるようになります。クレジットカードは複数登録できますが、そのうち1枚を既定のお支払い方法として指定する必要があります。

  • IO: 多くの広告代理店や一部の広告主様はIO(広告掲載申請)を利用しています。これはキャンペーンを請求書払いにできるオプションで、一定期間に想定される予算内で運用でき、実施されたキャンペーンに基づいて請求書が発行されます。

以上の課題をクリアしたら、早速キャンペーンを作成しましょう!

広告アカウントの開設方法をステップbyステップで説明した資料はこちら: Twitter広告スターターガイド

 

 

Twitter広告導入の準備は整いましたか?