ブランド戦略としてTwitterでGIF画像を活用する6つの方法

Liz Alton

投稿者 Liz Alton

8月 26, 2019

ビジュアル時代の今、ブランディングにもビジュアルが重視されます。動画の制作には手間がかかりますし、静止した写真や画像はブランドイメージを完璧に表現する必要があります。その中間に位置するのがGIF画像です。370万人の利用者を対象にしたTwitterの調査では、GIF画像を使用したツイートは、それ以外のツイートに比べて55%も多くのエンゲージメントを獲得していることがわかっています。

GIF画像を効果的に活用してブランド力を高めるための6つのクリエイティブアイデアをご紹介します。(GIF作成のヒントはこちらの記事をご覧ください。)

遊び心を取り入れる

GIF画像は遊び心を見せ、ブランド認知度を高めるのに最適です。GIF画像にユーモアのセンスがあると、ブランドに人間らしさが加わり、ブランドメッセージに華を添えることができます。

人気料理番組@BritishBakeOffは、番組中の思わずクスッと笑うシーンをGIF画像で紹介。

オーディエンスに学びを提供する

GIF画像は手軽にヨガのポーズを見せたり、わかりにくい商品の使い方を説明したりできるほか、オーディエンスにとって為になる情報や商品の内容を一味違うアプローチで伝えることができます。

@NASAは、楽しいGIF画像で、宇宙について学ぶ機会を提供する #Apollo50th FAQセッションへの注目を集めました。

個性を出す

商品を気に入った時や、カスタマーサービスが必要な時など、利用者はブランドに対してツイートをします。状況に応じてうまくGIF画像を使うことで、利用者と強いつながりを築くことができます。

マットレス販売会社@Casperは、かわいい子犬のGIF画像で見込み客にアピール。

説明を加える

百聞は一見にしかずです。大きなアイデアや長い説明を簡潔に伝える必要がある場合に、GIF画像はとても有効です。

@Googleは、非常時のSOSアラートに視覚情報を追加したことを告知する際にGIF画像を含めて、どういった情報が表示されるかがすぐにわかるようにしました。

チームを紹介する

人々は利用しているブランドの舞台裏について知るのが好きです。GIF画像を使うと、楽しく簡単に顔と名前を紹介しながら、自社の社風を伝えることができます。 

プライド関連の一連のツイートの中で@Uberはドライバーの1人を取り上げ、彼女のストーリーを紹介しました。

その瞬間に向けて盛り上げる

GIF画像を利用すれば、イベントや商品発表、大きな出来事に向けて、待ちきれないファンを盛り上げて、その興奮を持続させることができます。

@GameofThronesはGIF画像を使って、ファイナルシーズン、特に最終話を大々的に宣伝しました。

Twitter戦略にGIF画像を取り入れると、ブランドのアイデンティティを強化し、ユーモアを交えて、エンゲージメントを高めることができます。ぜひ御社のブランディングにも役立ててみてください。

GIF作成のヒントはこちらの記事もご覧ください。

Twitter広告を活用してビジネスをもっと広げましょう

Twitter広告はビジネスの目的に合わせて最適なプロモーションを設計できる、多数のキャンペーンをご用意しています。Twitter広告を御社のビジネスゴールの達成にぜひお役立てください。