Twitterを効果的に活用する5つのブランドからのヒント

最近の調査によると、Twitter広告当たりのコストは前年比で42%減少したのに対し、広告のエンゲージメントは前年比で75%上昇しています。*Twitter広告を活用し、マーケティング目標を達成したブランドの成功事例を見てみましょう。

どうすればTwitter広告でブランドのエンゲージメントを向上できるでしょうか。トップブランドのマーケターやソーシャルメディア担当マネージャーに、Twitter広告戦略にコツを聞いたところ、5つのポイントを挙げてくれました。

独創性のあるクリエイティブがカギ

Twitterのタイムラインに次々と流れるツイートを見る利用者は、他のプラットフォームにはない、簡潔でユニークなコンテンツを探しています。自分と関連性が高く、興味のある情報を瞬時に手に入れたいと考えています。

こうしたテンポの速い環境で注目を得るには、利用者の目を惹く、独創性の高いクリエイティブ作りが大切です。明るいイメージと直感的な簡潔なコピーが大切だと考えます。Twitter利用者がツイートをスピーディーにスクロールして興味のあるコンテンツを流し見ているという事実は、クリエイティブやメッセージを作成する際の意志決定を左右する要素となっています。— ロージーズ社eコマース・デジタルマーケティング担当副社長 ジェニー・ロビンソン

ターゲティングは具体的に

ターゲティングを興味関心のみに絞ったキャンペーンの効果が高いとは限りません。ターゲティングしたオーディエンス以外にも自社のサービス分野に興味を持つ利用者は多いからです。私たちはより具体的なターゲティングを行うことで、ターゲットオーディエンスへのリーチに成功しました。例えばソフトウェアエンジニアは特定のプログラミング言語や、その言語の開発者をTwitterでフォローするケースがよく見られます。

とにかくいろんなやり方を試してみることです。どんなアイデアも無駄にはなりません。そのアイデアで売り込んでいくためのクリエイティブな方法を考えること自体が、だんだん楽しくなっていくでしょう。— インビジョン社スタッフエンジニア ホセ・フェルナンデス

テストして最適化する

さまざまなタイプのコンテンツをテストしてツイートすることは、何がオーディエンスの心をとらえるかを知る上で欠かせません。プラットフォームにはそれぞれ違った目的があるため、それぞれのプラットフォームで最適なコンテンツを共有することが大切です。Twitterは短文のコンテンツを発信するプラットフォームです。私たちは、フォロワーがどのコンテンツにエンゲージしてリツイートしているかをトラッキングしています。効果が高いコンテンツを特定したら、その形式に沿ったツイートの作成を始めます。—  ステッカー・ミュール社ソーシャルメディア担当マネージャー レニー・ルーディック

データ第一主義

ターゲットとなるオーディエンスに合ったコンテンツを見つけるのは難しいかもしれませんが、Twitterにはフォーマットを試し、クリエイティブを活かし、パフォーマンスを分析できるさまざまなツールがあります。データ第一主義であることは大いに役立ち、毎週新しいコンテンツをテストすることによって得られる長期的なメリットがあります。コンテンツを最適化し、毎週少しずつ改良してテストした結果、2016年12月から2017年7月のエンゲージメントは45%向上しました。—  ハローフレッシュ社ソーシャルメディア担当シニアマネージャー クレメンタイン・ベルリオーズ

通常業務で処理できる分量

Twitter広告は、その対応に1日の大部分を費やすのではなく、メンテナンスを毎日少しずつすることで正しい方向に進み、拡大することができます。ていねいに。そして楽しく。人生で起こる他のことと同様に、Twitter広告も掛けた手間の分だけ成果が得られるものなのです。— サイモンブック社マーケティング担当アソシエイトディレクター スティーヴン・ベッドフォード


不明点はいつでもヘルプページからお問い合わせいただけます。

 

 

Twitter広告を活用してビジネスをもっと広げましょう

Twitter広告はビジネスの目的に合わせて最適なプロモーションを設計できる、多数のキャンペーンをご用意しています。Twitter広告を御社のビジネスゴールの達成にぜひお役立てください。