Twitterの投票機能をビジネスに活かす4つの方法

Twitterの投票機能は、オーディエンスと交流がしやすく、新たな視点や意見を知ることができる機能です。この機能を使ってオーディエンスについてより深く知り、同時に貴社のビジネスをアピールしましょう。投票期間が終わるとプッシュ通知が投票者全員に送られるので、投票者に再度コンテンツを見てもらいやすくなります。

では、どんな質問が効果的なのでしょうか。コンテンツ戦略にTwitterの投票機能を取り入れた、世界各地の企業の活用事例を4つご紹介します。

トレンド入りしたトピックを使う

世界的な最新ニュースから地元情報まで、Twitterはあらゆる話題が花咲く場です。Twitterの投票機能を取り入れて、会話のきっかけを作ったり、イベントのハッシュタグと組み合わせてリーチを拡大し、そのイベントを話題にしている人とつながりましょう。

ヘアサロン@theDrybarはハッシュタグ #Emmys の会話に参加し、エミー賞でのヘアスタイルにとても関心がある人たちとつながりました。

スキンケア製品を扱う@frank_bodは、ハッシュタグ #MondayMotivation の会話に参加し、一週間の始まりの日にやる気を出すコツをTwitterの投票機能で尋ねました。

投稿のコツ: 投票期間は数時間から7日間まで自由に設定できます。特定のイベント関連で投票ツイートをする場合、そのイベントが最大限注目される期間を設定しましょう。

ビジネス戦略についてフィードバックを求める内容を投票項目に設定する

貴社のビジネスの意志決定に役立つフィードバックが短時間で得られることも、Twitterの投票機能を使うメリットの一つです。どの商品の最新情報を知りたいか、貴社からツイートしてほしい内容など、さまざまな質問が設定できます。

コンサルティング会社の@bixalは、自社のコンテンツ戦略を周知させるため、投票ツイートを採用しました。利用者がこの企業アカウントのプロフィールページに移動したらすぐに目に留まるよう、その投票ツイートをタイムラインのトップに固定しました。

トロントを拠点とするヨガスタジオ@iamyogaは、ヨガクラスのスケジュール編成の参考にするため、投票ツイートを行いました。

商品の人気傾向を知る

Twitter投票は、人気商品を知る絶好のツールです。

コーヒーショップ@alfredcoffeeは、お客様に人気のコールドブリューコーヒーの飲み方を知るため、Twitter投票を使っています。

靴下のブランド@BOMBASはハッシュタグ #WorkoutWednesday とTwitter投票で体を動かすのが好きなコミュニティにリーチし、どのソックスが好みかを尋ねています。

貴社のビジネスと人々のライフスタイルをマッチさせる質問をする

貴社のビジネスに関する質問ばかりをする必要はありません。オーディエンスの共感を呼ぶ、ライフスタイルに関する質問を織り込んでみましょう。

トラッキング端末を手がける@TheTrackRは、どんな物が一番置き場所を忘れるか尋ねることで、利用者に自社製品を連想させました。

オフィス家具メーカーの@poppinは、整理整頓にまつわる投票にユーモアを欠かさないようにしています。

上記を参考に、フォロワーのみなさんとのコミュニケーションのきっかけに投票機能を使ってみてください。不明点はいつでもヘルプページからお問い合わせいただけます。

 

Twitter広告を活用してビジネスをもっと広げましょう

Twitter広告はビジネスの目的に合わせて最適なプロモーションを設計できる、多数のキャンペーンをご用意しています。Twitter広告を御社のビジネスゴールの達成にぜひお役立てください。