Twitter広告キャンペーンを作成する際に検討する4つのポイント

フリーランス

Twitter広告のご利用をお考えですか?当社のカスタマーサクセススペシャリストである@ChloeMierがTwitter広告を始めるためのヒントをお届けします。

皆様がキャンペーンの成功に向けて準備を整え、Twitter広告を最大限活用できるよう、カスタマーサクセススペシャリストとしてアドバイスいたします。Twitterで広告キャンペーンを作成する場合、いくつかの鍵となる要素を検討しなければなりません。

次の4つの核となる要素を事前に定めておくことが、キャンペーン成功のカギとなります。

目的を決める

キャンペーンを作成する前に、達成したい目標を明確にすることが重要です。ブランド認知度の向上、フォロワーの増加、ウェブサイト訪問数の増加など、目的に沿ったキャンペーン設定が必要です。Twitterのキャンペーンではさまざまな目的を選べます。達成目標に合わせて、最適なキャンペーンを作成しましょう。

KPIを設定する

キャンペーンの効果をどのように測定しますか?KPI(主要業績評価指標)を設定することで、キャンペーンの効果測定に用いる基準もおのずと決まります。KPIは、そのキャンペーンが成功したかどうか、改善点はどこかを示してくれる重要な存在です。

Twitter広告マネージャーでお勧めする各キャンペーン目標は、それぞれ特定のKPIを最適化するために設計されており、その成果のみに対して課金されます。たとえば、動画再生数を目的にしたキャンペーンを実施する場合、KPIは再生数となり、実際の動画再生数に応じて料金が発生します。

オーディエンスを明確にする

Twitterが広告主様にとって強力なツールとなる理由は、さまざまな背景や興味関心を持つ世界中のオーディエンスを着実に惹きつけることができるところにあります。特定のトピックについての最新情報も、Twitterならほぼ確実に知ることができます。

対象のオーディエンスがどんな人たちかを明確にし、Twitterでリーチする最善の方法を知ることが、成功への第一歩です。広告マネージャーには強力なターゲティング機能が用意されているため、特定のオーディエンスへの広告配信が可能です。そうしたツールを使いこなせば、幅広い層はもちろん、ニッチなターゲットを狙うことも可能です。

クリエイティブにこだわる

クリエイティブはとても重要な「資産」です。Twitter広告の目玉であり、キャンペーンの成功には欠かせない要素です。利用者の周りでは日々膨大な量の広告が溢れているため、目を引くような広告であることが重要です。

Twitter広告マネージャーには、画像や動画などさまざまなクリエイティブフォーマットをアップロードする機能があります。また、各種カードを作成することも可能です。カードは、クリックURLを設定することができるフォーマットで、アクション誘導ボタンとして、キャッチコピーや画像、動画などの素材と組み合わせてツイートすることができます。

重要: ユーザーの目を引く強力なクリエイティブを用い、わかりやすいアクション誘導(CTA)ボタンを配置したキャンペーンと、そうでないキャンペーンでは、パフォーマンスにかなりの差が出ます。どうしたら良いか分からないときは「3R」つまり、Resonance(ツイートの内容は共感を呼ぶものか)、Relevance(対象のオーディエンスの興味関心に関連しているか)、Recency(最新の情報か)を心がけましょう。

以上の課題をクリアしたら、早速キャンペーンを作成しましょう。

 

Twitter広告を活用してビジネスをもっと広げましょう

Twitter広告はビジネスの目的に合わせて最適なプロモーションを設計できる、多数のキャンペーンをご用意しています。Twitter広告を御社のビジネスゴールの達成にぜひお役立てください。