Twitterの会話ターゲティングをおすすめする3つの理由

Erin Fishman
By Erin Fishman
Solutions
Original+Photography_Royalty+Free__MG_9678.jpg

人は自分と関連性が高い広告を目にすると、そのブランドとの関わりをいっそう深めていきやすくなります。それはごく自然なことで、興味深く、具体的なコンテンツが大切なのはそのためです。

会話に特化したTwitterの新機能により、ブランドに関連するトピックをツイートしたりエンゲージしたことがある、または長時間表示したことがある利用者に、今まで以上に直接語りかけやすくなりました。先日公開した会話ターゲティングは、Twitter上の無数の会話を解析し、よく触れられている話題に基づいてオーディエンスにリーチします。

キーワードやハッシュタグを使ってターゲティングを行うブランドからのフィードバックをもとに、同じメソッドで広告主の方々がTwitter広告を使いやすく、展開規模を拡大できる会話ターゲティングを開発しました。ここではTwitterの会話ターゲティングで得られる3つのメリットをご紹介します。

時間が節約できる

規模の大小を問わず、マーケティングチームに共通して言えるのは、時間が貴重なリソースであることです。会話ターゲティングは、これまで手作業で行ってきたソーシャルリスニングのプロセスを簡略化し、特定のキーワードやハッシュタグを含む会話の検索に要した時間が節約できます。 #sports ハッシュタグのついた会話を1日中開いても、たくさんの成果が得られますが、会話トピックのターゲティングキーワードから「スポーツ」を選択するだけで、該当するトピックと関連がある会話を自動的に集めることができます。スプレッドシートでキーワードを集計する手間が省けます。

ターゲティングのポイント: ターゲティングする会話の絞り込みに苦戦している場合、この1年で多くの注目を浴びた10~15の会話トピックを選びましょう。

ターゲティングを的確に行う

たとえば「雨雲」のようにブランド名や商品名が一般的な名詞の場合、会話から天気の話題を除外するのが難しい場合があります。ターゲティングツールは進行中の数多くの会話から、ブランドにとって重要なエンゲージメントの機会を逃さず抽出できます。会話トピックを複数の階層に分類し、話題が重複する場合はリードを特定することもできます。会話トピックをこまめに更新し、モニタリングを繰り返すことでその精度は維持されています。

キーワードや人物によっては時機を過ぎると意味がなくなり、文脈に左右されることがあります。会話ターゲティングでは総合的な会話意味的理解方式を採用し、ターゲティングした会話から曖昧さを排除します。

ターゲティングのポイント:会話ターゲティングのルックバック期間は28日間です。つまり過去28日間で、トピックをツイートしたことがある、トピックに言及するツイートにエンゲージしたことがある、会話トピックに関するツイートを長時間表示したことがある利用者が対象になるということです。会話ターゲティングはこまめに更新されますが、終了したターゲティングをご自身で更新する必要がある場合があります。

規模を拡大する

会話ターゲティングは付加的なターゲティング方式('OR'ターゲティング)です。これによりキャンペーンの潜在的なオーディエンスをより幅広くターゲティングすることができます。Twitter上で利用者がツイートする、エンゲージする、表示するという行動を考慮して、できるだけ大きなオーディエンスにリーチします。

詳しくは会話ターゲティングのページをご覧ください。

Twitter広告を始めませんか?