ファーストビュー

魅力的な動画を使ってTwitterのオーディエンスにブランドストーリーを伝えます

ファーストビューについてご紹介します

ファーストビューとは?

ファーストビューは、幅広い認知が見込める1日単位の独占型広告パッケージで、Twitter上で最も価値が高いインプレッションを獲得できます。24時間にわたり魅力的な自動再生動画をタイムラインの一番上に表示することで、受容度の高いTwitterのオーディエンスに幅広くリーチできます。

利用者がその日最初にTwitterへアクセスした時に、タイムラインに広告ツイートを表示し、その後もタイムラインを通じてさらにインプレッションを獲得できるため、認知とメッセージの想起を最大限に高められます。ファーストビューは、新しい商品やサービスの発表日など、特定の日にブランド露出を最大限に高めたい広告主様に最適なソリューションです。

リサーチ

ファーストビューによる主要ブランドデータの向上

141%

広告想起が向上

58%

広告キャンペーンの認知が向上

18%

ブランド認知が向上

13%

購買意欲が向上

出典: Twitter『ブランド効果調査』2016年第4四半期(ファーストビューの登録数増加率)、ファーストビューの登録数増加率のブラインドケーススタディ

ファーストビューのしくみ

ファーストビューにより、利用者がその日最初にTwitterにアクセスした時に、タイムラインに広告ツイートを表示させることができるほか、24時間にわたり利用者のタイムラインを通じてさらなるインプレッションも獲得できます。各利用者が広告を見る頻度は、1日につき最大で3倍になります。

ファーストビュー広告キャンペーンでは、タイムラインで動画が自動再生されるため、動画クリエイティブ(プロモビデオ、ビデオウェブサイトカード、ライブ動画カード、ビデオカンバセーショナルカード、プロモライブビデオ)を使うことをおすすめします。さらに効果を高めるため、ファーストビューとプロモトレンドプロモトレンドスポットライトを組み合わせることもできます。

ファーストビューを使うタイミング

ファーストビューは、動画を使った魅力的なビジュアルストーリーを通じて、メッセージを広範囲のオーディエンスにすぐ届けたいブランド広告主様に最適です。

商品の発売、映画の公開、テレビ番組に関連する情報の発表(初回放送、関連イベント、スポンサーシップなど)、販売会議から、文化的イベントとの関連付けまで、ブランドのさまざまな目的に合致する商品です。ファーストビューは、特に何らかの発表を行う日に、その認知を最大化するのにも非常に効果的です。

主な特徴
  • 広範囲のオーディエンスにリーチ: 広告主様は、利用者がその日最初にTwitterへアクセスした時に、タイムラインに広告ツイートを表示させ、その後も1日を通じてインプレッションを獲得できるため、リーチを最大限に拡大できます。
  • プレミアムなインベントリー: 最初のインプレッションは、1日で最も受容度の高い状態にある利用者にリーチできるため、動画クリエイティブの視聴時間が長くなり、ブランドを選択する確率が高くなることが複数の調査により明らかになっています。

  • オーディエンスに届くクリエイティブ​: 没入感の高い動画クリエイティブは、伝えたいストーリーに深みを与えます。

  • 事前予約可能 + 定額制: ファーストビューパッケージは、計画と事前購入が簡単に行えます。
クリエイティブのベストプラクティス
  • メッセージはシンプルに: クリエイティブやツイート本文のメッセージは、簡潔かつ一貫性のあるものにします。商品のメリットや主要なメッセージは、1回につき1つだけにしましょう。
  • 重要なメッセージは冒頭で提示: 音声をあえて使わない戦略を採用し、質の高い動画を使いましょう。ブランドや商品に関するメッセージは、動画の最初の数フレームで提示します。

  • 時節を捉える: 新しいキャンペーンを立ち上げたり、重要な文化的イベントを活用したりする場合、クリエイティブは時節に合わせるように心がけましょう。
測定

TwitterはMillward BrownやNielsenによるサードパーティーブランド調査測定をサポートしています。

ファーストビューの詳細を見る