プロモトレンドスポットライトで、ブランドの広告を会話の中心にする

この新しいTwitter広告商品についてご紹介します

プロモトレンドスポットライトとは?

この買い切り型広告は、Twitterの [話題を検索] タブのプレミアム広告枠に、人々の目を止めさせる動画の力を組み合わせたものです。

トレンドのトピックやハッシュタグが集まる [話題を検索] タブは、ユーザーが「いま」起きていることを見に来る場所。広告主が人々や会話とつながる広告の一等地です。

スポットライト

数年ぶりのブランドキャンペーンの立ち上げにTwitterのプロモトレンドとプロモトレンドスポットライトを使いました。動画のクリエイティブ素材を使ったスポットライトは、インパクト抜群の場所に表示されたことで、認知度が高まり、@ツイートは数万件、ブランドとキャンペーンにまつわる会話もたくさん生まれました。

アンブリーナ・ブダリー(‎@iambreena), LEGO Group社、ソーシャルメディア担当グローバルディレクター

プロモトレンドスポットライトのしくみ

  • Twitterのプロモトレンド買い切り広告を補うプロモトレンドスポットライトでは、6秒間の動画とGIF画像、静止画に対応しています。クリエイティブはモバイル端末でもパソコンでも表示され、モバイルでは画面の幅いっぱいに表示されます。

  • ユーザーが [話題を検索] タブを表示すると、1日のうちの最初の2回は、あなたのビジネスの広告がトップに表示されます。

  • 3回目以降は、通常のプロモトレンドの位置に移動し、オーガニックなおすすめツイートがスポットライトの場所に表示されます。

プロモトレンドスポットライトを使うタイミング

何か大きなプロジェクトを始める予定はありますか?世界の「いま」とつながってみませんか?プロモトレンドスポットライトは、あなたのビジネスのメッセージを伝える買い切り型広告です。

世界的な行動研究企業のEyeSee社による視線追跡研究によると、通常のプロモトレンドと比べて、ユーザーがプロモトレンドスポットライトを見る時間は26%増えました。この時間が増えると、広告想起率が113%、ブランド考慮率が18%増加し、今後そのブランドを使う可能性があるとの回答も67%増加するという、ファネル全体に及ぶ影響がありました。さらに、Twitterの内部データによると、通常のプロモトレンドと比べてスポットライトからのサイト誘導は3倍になりました。

主な特徴
  1. 注意を引く: 画面幅いっぱいに表示される魅力的なクリエイティブを活かしたプロモトレンドスポットライトは、注意を引き、メッセージをより効果的に伝えます。

  2. ブランドを差別化する: [話題を検索] タブの上部に位置するプロモトレンドスポットライトは、厳選されたおすすめツイートと並んで表示されます。他のTwitter広告枠とは違ったプレミアム感でブランドを差別化できます。

  3. 会話を生み出す: Twitterの [話題を検索] タブの上部という目立つ場所に画面幅いっぱいに表示されることで、ブランドに関する会話が生まれ、盛り上がる機会を生じさせることができます。

スポットライトの詳細を見る