Twitterでつながる

Twitterでつながる

Twitter広告キャンペーンを始める準備はできましたか?

Twitter広告を使って世界で「いま」起きていることとつながり、文化的レレバンシーを確立しましょう。

私たちの文化を形作る出来事、動向、会話は日々発生しており、人々やブランドはこうした重要な瞬間に声を上げ、意見を表明しています。Twitterユーザーはこのようにして「いま」起きていることとつながっているのです。

ユーザーの記録的な増加、リアルタイムの会話、ブランドセーフなプレミアムコンテンツを特徴とするTwitterは、ブランドがユーザーとの会話に参加し、レレバンシーを確立するのに最適な場所となっています。

Twitterでは、オーディエンスの影響力が大きく、また受容性が高いため、単なる会話ではなく、カルチャーの最新の動向を形作る会話が展開されています。

88%

Twitterにおける支出と、文化的レレバンシーに関する認知度の間に相関関係が認められるブランドの占める割合1

Twitterで「いま」起きていることとつながるには

Twitterには重要な瞬間がリアルタイムで映し出されており、世界中の人々がそうした瞬間に注目し、その話題について会話をしています。ブランドがTwitter上で「いま」起きていることとつながることのできる主要な機会には、次の3つがあります。

イベント

Twitterはイベントの観衆の興奮をリアルタイムに反映します。スポーツ、ニュース、エンターテイメントなどを通じて、ブランドがオーディエンスとつながる絶好の機会がもたらされます。

行事

仮想祝賀会やバレンタインデー、祝日など、さまざまな行事はブランドがつながりを築く絶好のチャンスとなります。

トレンド

レレバンシーの確立を加速するトピックやトレンドをめぐって盛り上がる会話に参加しましょう。

Twitterでのつながり方に関するヒント

4つのフェーズで構成されたアプローチを構築しましょう
心を掴む

トピックに関する詳細を把握し、会話に活力を与える要素(テーマ、ハイライト、期待される出来事)に精通しましょう。

盛り上げる

トピックによるブランド連想をさりげなく確立することで、メッセージを発信し、期待感を盛り上げましょう。

参加する

会話に、盛り上がっているタイミングで参加します。

撤退する

会話の盛り上がり後の短い期間を利用して、会話から徐々に退きます。

  • 広告キャンペーンの実施期間を拡大し、イベント当日以外も含めるようにすると、エンゲージメントが2倍、ビュースルーが35%、コスト効率が3倍向上します4
  • ターゲットオーディエンス、ブランドストーリー、そしてブランドとオーディエンスをつなぐトピックの間に見られる共通項に、文化的レレバンシーを確立する機会を見出しましょう。どのような発言により、会話に参加しながら付加価値をもたらすことができるでしょうか?
  • 「心を掴む」フェーズを使ってコンテンツの準備と整理を行い、他の3つのフェーズを使って用意しておいたコンテンツをツイートします。「参加」のフェーズでは、どのような新しいコンテンツを用意できるか予測し、「参加」と「撤退」のフェーズでは、予期しない変化に対応するためのコンテンツを準備しておきます。
  • 広告フォーマットを3種類以上使用すると、広告キャンペーンの認知度が20%、購買意欲が7%向上します5
  • Twitter Amplify、プロモビデオ、Twitter投票、カンバセーションカード、ウェブサイトカード、ファーストビュー、プロモトレンド、スポットライトなど、Twitter広告のプレミアム商品は、Twitter広告の効果を最大限に高めます*

出典:

1出典: Kantar & Twitter cultural relevance research、すべてのユーザーと米国の100ブランドを対象に検証、2019年

2出典: MAGNA & Twitter、『The Impact of Culture』、米国、2019年

3出典: MAGNA & Twitter、『Mixing It Up: Diversifying Ad Formats to Achieve More』、米国、2020年

4出典: Twitterの内部データ、2018年1月~2019年3月、米国における5万ドル以上の広告キャンペーン

5出典:Nielsen Brand Effect(米国/英国/日本/カナダ)、2015年第3四半期~2018年第3四半期のコネクトキャンペーン

*Twitter広告のプレミアム商品の提供状況は市場によって異なります。詳細についてはTwitterの営業担当にお問い合わせください。

Twitter広告キャンペーンがマーケティング目標の達成にどのように役立つか、詳細をご確認ください