Twitter広告

ウェブサイトのクリック数キャンペーン

Twitter広告のウェブサイトのクリック数

Twitter広告を始めませんか?

ウェブサイトへの訪問数を増やして、より多くのコンバージョンを生み出しましょう

対象のウェブページへの訪問数を増やし、そのページにアクセスした訪問者に最新のプレスリリースの閲覧や、商品の購入などの行動を促しましょう。この広告キャンペーンでは、Twitter独自のデータシグナルを活用して、適切なオーディエンスのリターゲティングを行い、複数のプラットフォームをまたいだリンククリックのコスト効率を向上させます。TwitterのクリックIDと、ウェブサイト訪問者のコンバージョン最適化の改善により、この広告キャンペーンはさらに大きな効果を発揮するようになりました。

ウェブサイトのクリック数キャンペーン

ベストプラクティス

広告フォーマット

ウェブサイトのクリック数キャンペーンには、優れたパフォーマンスを発揮する次の広告フォーマットをおすすめします。

  • ウェブサイトボタン付きの画像広告
  • ウェブサイトボタン付きの動画広告
  • カルーセル広告

クリエイティブとツイート本文

カードやカルーセルにより、ツイートのクリエイティブ全体がランディングページへのボタンになります。画像や動画は利用者の目を引き、誘導先のページへのリンクとして理に適ったものにしましょう。そうすることで、利用者はその意図を予測できるようになり、誤クリックの回数を減らすことができます。誘導先のページには、利用者が何らかのアクション(商品の閲覧や購入、記事の閲覧、メールアドレスの登録など)を取れる場所を選択しましょう。

ツイート本文はクリエイティブやTwitter外部のコンテンツと整合させる必要があります。ツイート本文ではすぐに行動を起こし、リンクをクリックする必要があることを伝えます。さまざまなコールトゥアクションのオプションを検証して、最も反響のあるものを確認しましょう。

入札に関する戦略

ウェブサイトのクリック数キャンペーンでは、利用者がリンクをクリックした場合にのみ課金されます。御社の目標額を下回ることなく1日あたりの平均コストパークリックが達成されるように、目標入札単価を使用して、広告キャンペーンの入札額を自動的に最適化することをおすすめします。

入札額を超える金額が請求されることはなく、予算の上限に達すると広告キャンペーンの配信は自動的に停止します。またTwitterでは広告キャンペーンの設定中に、リアルタイムの入札ガイダンスも表示されます。

ターゲティングに関する推奨事項

Twitterでは、会話やイベントのターゲティングなど、業界をリードするターゲティング機能を提供しています。また、端末やWi-Fiの条件に基づくターゲティングを行い、特定のプラットフォームを使用する特定のオーディエンスにリーチすることもできます。

ウェブサイトのクリック数キャンペーンでは、ウェブサイトアクティビティのカスタムオーディエンスターゲティングを活用して、過去にウェブサイトを訪問した利用者にリーチすることをおすすめします。このターゲティングは、TwitterのユニバーサルウェブサイトトラッキングタグとクリックIDパラメータを利用して設定することができます。ウェブサイトでコンバージョンを行った利用者のオーディエンスが確立されたら、そうしたオーディエンスに似ているアカウントのターゲティングも行うことで、より多くの利用者にリーチできるようになります。

成果の測定

広告キャンペーンの配信が開始されると、広告マネージャー管理画面でその結果をリアルタイムで追跡できるようになります。追跡すべき重要な指標には、合計費用、結果(リンクのクリック数)、結果ごとのコスト(すなわちコストパークリック)、結果率などがあります。

Twitterのウェブサイトトラッキングタグを通じて、利用者がTwitter上で御社の広告を見たり、反応したりした後の行動をトラッキングすることで、端末をまたいだコンバージョンのトラッキングや、広告の費用対効果の分析が行えるようになります。さらにクリックIDパラメータを使うことで、訪問後のアトリビューションの信頼性をさらに向上させたり、測定データの誤差をさらに軽減したりすることができます。

達成したい目標に応じて、ブランドリフト、ウェブサイトアトリビューション、バイスルー率、売上への影響などの効果測定調査を実施することもできます。

当社はTwitterを活用してリーチやウェブサイトへの訪問を促進し、見込みのあるリターゲティング対象のオーディエンスを増やしています。

Cameron Huppertz社, Patreon社、デジタルマーケティングおよびソーシャルメディアストラテジスト