Twitter広告

エンゲージメント数キャンペーン

Twitter広告エンゲージメント数キャンペーン

Twitter広告を始めませんか?

御社のブランドを話題にしてもらいましょう

人々は何かを見つけたり、共有したりするためにTwitterにアクセスします。エンゲージメント数キャンペーンは、より多くの利用者に、御社のツイートや動画を見たり、反応したりするよう促すことを目的としています。

エンゲージメント数 キャンペーンでは、御社の名前と商品をオーディエンスに注目してもらうことで、認知度を高め、会話のきっかけを作り、さまざまなエンゲージメントデータの数値が上昇(いいねやリツイート、返信、プロフィールへのアクセス、リンクのクリックなどが増加)します。

この広告キャンペーンを使用して、ローンチに関する注意を喚起し、ブランドとイベントやインフルエンサーを関連付けて、御社と顧客との対話を醸成することができます。

エンゲージメント数キャンペーン

ベストプラクティス

広告フォーマット

エンゲージメント数キャンペーンには、優れたパフォーマンスを発揮する次の広告フォーマットをおすすめします。

  • テキスト広告
  • 画像広告
  • ウェブサイトボタン付きの画像広告
  • 動画広告
  • ウェブサイトボタン付きの動画広告
  • カルーセル広告
  • モーメント広告

可能であれば、成果をさらに高めるため、3種類以上の広告フォーマットを使用することをおすすめします。

クリエイティブとツイート本文

ツイート本文は短く簡潔にし、1つの目的を果たすことに焦点を合わせます。簡潔さが成功の秘訣であり、ツイート本文の最適な長さは一般的に50~100文字です。

エンゲージメント数キャンペーンでは、読み手を引き付けるツイート本文を掲げることも重要となります。具体的には、質問を投げかけたり、投票を行ったり、強力なCTAを提示したりして、オーディエンスに何をしてもらいたいかを明確に示しましょう。

クリエイティブに求められるのは、目を引く強力なビジュアル、再生時間が短いこと(動画の場合は15秒以内)、ブランドを常に明示すること、音声をあえて使わない戦略を取り入れることです。既存のツイートをプロモーションすることも、広告キャンペーンに特化した新しいツイートを作成することもできます。

入札に関する戦略

エンゲージメント数キャンペーンでは、ツイートのエンゲージメントに対してのみ課金されます。リツイート、返信、いいねなどがエンゲージメントとしてカウントされます。自動入札では、自動的に入札が行われ、広告キャンペーンが表示される可能性が最大限に高められるため、このオプションをおすすめします。

入札額を超える金額が請求されることはなく、予算の上限に達すると広告キャンペーンの配信は自動的に停止します。またTwitterでは広告キャンペーンの設定中に、リアルタイムの入札ガイダンスも表示されます。

ターゲティングに関する推奨事項

Twitterでは、会話やイベントのターゲティングなど、業界をリードするターゲティング機能を提供しています。顧客のCRMリストをアップロードしたり、ツイートにエンゲージメントした利用者のリターゲティングを使用したりすることで、既存のつながりを活用し、過去のコンテンツに反応したことのある利用者へのリマーケティングを試みましょう。

広告配信を最適化し、ターゲットオーディエンスへのリーチを、適切な露出レベルで最大化できるように、広告グループごとにフリークエンシー上限を設定することもおすすめします。

成果の測定

広告キャンペーンの配信が開始されると、広告マネージャー管理画面でその結果をリアルタイムで追跡できるようになります。追跡すべき重要な指標には、CPE、エンゲージメント率、合計インプレッション数、合計エンゲージメント数、合計費用、合計オーディエンスリーチなどがあります。

達成したい目標に応じて、オーディエンス認証、ブランドに関するアンケート、オフライン売上またはオンライン売上の調査などの効果測定調査を実施することもできます。

その他の情報やベストプラクティスについては、エンゲージメント数キャンペーンの活用術をダウンロードしてご覧ください

Twitterはエンゲージメント率が高くて柔軟性のある、使いやすくて分かりやすいプラットフォームです。Twitterを使うことで、ターゲットオーディエンスとやり取りしたり、当社のサービスや特典を伝えたりするのが簡単になりました。

Bilal Khauli氏, (Dice Marketing and Advertising社、デジタルマーケティングスペシャリスト)