Twitter Amplify

プレロール再生数キャンペーン

Twitter Amplify

Twitter広告を始めませんか?

選りすぐりのパブリッシャーによるコンテンツを活用して御社の動画をプロモーションしましょう

日常的にTwitterにアクセスする利用者の半数近くは、Amplifyプレロールパブリッシャーをフォローしています*。また、Twitter Amplifyを使用して「いま」起きていることとつながることで、広告キャンペーンの認知度が68%以上メッセージ想起率が24%以上向上します**。

御社のターゲットオーディエンスは、すでに数多くの動画を視聴しています。Amplify広告キャンペーンでは、ブランドをより身近に感じてもらうとともに、利用者の興味関心に合ったメッセージを伝えることができ、その過程で広告キャンペーンをカスタマイズする機能や、ブランドセーフティを確保するための統合型対策機能も提供されます。御社のプレロール動画(すなわちブランドスポンサーシップ)は、世界中で最も視聴されていて勢い​のあるパブリッシャーによる優れた動画コンテンツと組み合わされます。

Twitter Amplifyソリューションの提供状況は地域および市場によって異なります。提供状況については、advertiserhelp@twitter.comにお問い合わせください。

Amplifyプレロール

ベストプラクティス

広告フォーマット

プレロール再生数キャンペーンでは、AmplifyプレロールとAmplifyスポンサーシップのいずれかの広告フォーマットを選べます。

  • Amplifyプレロールでは、広告主様は15以上のカテゴリーの中から、動画広告を配信する動画のコンテンツカテゴリーを選ぶことができます。カテゴリーの中には、広告が掲載される市場での厳選されたAmplifyプレロールプレミアムカテゴリーも含まれます。
  • Amplifyスポンサーシップでは、広告主様が選択したモーメントに、1つのパブリッシャーと1対1で提携関係を結び、キャンペーン期間中はツイート単位で広告を管理できます。

Amplifyフォーマットを他の広告フォーマットと組み合わせることで、広告キャンペーンが成功する可能性はさらに高まります。可能であれば3種類以上の広告フォーマットを使って成果を最大化しましょう。

クリエイティブ

プレロール広告キャンペーンではツイート本文は使用されず、動画コンテンツに焦点が当てられています。プレロールの表示に関しては、パブリッシャーのサムネイル画像と、スキップボタン(動画再生の6秒後に表示されます)がフレームの右下に、カウントダウンタイマーが左下に、アカウントのロゴが左上に表示される点に留意してください。

EyeSeeの調査によると、クリエイティブのベストプラクティスを駆使してTwitterに最適化された動画により、感情的エンゲージメントは33%以上向上します。そうしたベストプラクティスのいくつかを以下にご紹介します。

  • ブランドのインパクトを最大限に高めるため、動画を15秒以下にする
  • 最初の数秒で動きを見せたりタレントを登場させたりして、注意をすぐに引き付ける
  • キャプションなど、音声をあえて使わない戦略を採用する

ブランドセーフティ

プレロール広告キャンペーンでは、御社独自のブランドやメッセージと常に一致した、選りすぐりのパブリッシャーによるブランドセーフなプレミアムコンテンツの前に動画広告が配信されます。Twitterでは、Amplifyパブリッシャーのすべてのコンテンツを対象に、アルゴリズムと手動によるレビューを必ず実施することで、人の目を介した、良質な品質保証やパブリッシャー提携の管理やレビューを提供します。

入札に関する戦略

Twitterには動画の入札タイプが4種類あり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

  • 2秒/50%の入札タイプは、標準的な視聴に基づいており、比較的低いコストでリーチを最大化することができます
  • 3秒/100%の入札タイプは、クリエイティブとその要素が画面全体に表示されることを目的とします
  • 6秒/50%の入札タイプは、より再生時間が長く、良質な視聴に対して課金されます
  • 15秒再生の入札タイプでは、さらに視聴時間が長い動画(または視聴が完了する動画)向けに最適化され、CPMに基づいて課金されます。この入札単位では、Twitterで最も高い平均動画完了率を達成しています。

予算内でキャンペーンの成果を最大限に高める入札額と日別予算を設定するのに役立つ重要なヒントを以下にご紹介します。 

  • 自動入札を使うと、最小限の費用で最高の結果が得られます
  • 1回の動画再生に求めるビジネス価値に基づいて、上限入札単価を設定します
  • ターゲティングの規模に合わせて入札額を調整します。非常に限られたオーディエンスグループをターゲティングする広告キャンペーンの場合は、他の入札者に競り勝つため、入札額を引き上げなければならない場合があります

ターゲティングに関する推奨事項

Twitterのパブリッシャーパートナーが数多くの注目を自然と集める一方、御社の動画が誰に対してプロモーションされるかは、オーディエンスターゲティングに何を選ぶかによって決まります。リーチしたいオーディエンスの条件を設定すると、そのオーディエンスに対してプレロールが、選りすぐりのパブリッシャーによるコンテンツに連動する形で配信されます。会話やイベントのターゲティング、フォロワーが似ているアカウントのターゲティングや、カスタムオーディエンスターゲティングなど、業界をリードするTwitterのターゲティング機能を使用して、こうした条件を設定できます。

標準的なコンテンツカテゴリーで広告キャンペーンを実施する場合、広告を連動させたいコンテンツの種類を決定するため、パブリッシャーコンテンツの15のカテゴリーの中から希望するものを選択できます。さらに、御社のブランドに適していない可能性のある特定のパブリッシャーのユーザー名を最大で50個まで除外し、御社が選択したカテゴリーターゲティングに含まれないようにすることもできます。カスタマイズ可能なAmplifyプレロールプレミアムカテゴリーのいずれかで広告キャンペーンを実施する場合、Twitterが厳選したパブリッシャーのリストに含まれる特定のユーザー名を最大で5個まで除外できます。

広告配信を最適化し、ターゲットオーディエンスへのリーチを適切な表示頻度で最大化できるように、広告グループごとにフリークエンシー上限を設定することもおすすめします。

成果の測定

広告キャンペーンの配信が開始されると、広告マネージャー管理画面でその結果をリアルタイムで追跡できるようになります。追跡すべき重要な指標には、プレロール再生数、動画再生数、コストパービュー、動画再生完了率などがあります。

達成したい目標に応じて、ブランドに関するアンケート、インクリメンタルリーチ測定、ビューアビリティレポート、マーケティングミックスモデリングなどの効果測定調査を実施することもできます。

その他の情報やベストプラクティスについては、プレロール再生数キャンペーンの活用術をダウンロードしてご覧ください

出典:

*出典: Twitterの内部データ(2019年)。世界の収益化可能な日間アクティブユーザー数に基づきます。

**出典: Nielsen Brand Effect(2018年、米国/英国/日本/カナダ)