プレロールの再生数キャンペーン

Twitter広告のインストリーム動画

Twitter広告を始めませんか?

選りすぐりのパブリッシャーによる、ブランドイメージを損なわない良質なコンテンツをターゲットに、ブランドメッセージを乗せたプレロール動画を配信します。

利用者の興味関心に訴求する

米国のNielsen Brand Effect社の調査によれば、プレロール広告を見たTwitter利用者は、見ていない人に比べて、広告をもう一度再生する率が70%上がり、28%が広告主のブランドを認知し、購入の意思が6%高いというデータが出ています。

動画コンテンツを使ってブランドリフトを促進したい広告主様には、この目的が適しています。利用者が視聴している動画の本編の前に、ターゲットを絞ったプレロール動画広告を表示することで、ブランドを身近に感じてもらい、利用者の興味関心に合ったメッセージを伝えることができます。

そのしくみ

広告主様の動画がプレロール広告として、200以上の選り抜きのパブリッシャー(メジャーなスポーツチーム、人気テレビ番組、大手テレビ会社、報道機関など)が配信する、ブランドイメージを損なわない動画の本編の前に表示されます。

広告主様のプレロール動画と、目的のオーディエンスに配信されるパブリッシャーコンテンツのマッチングは自動的に行われますが、設定の段階で除外するコンテンツカテゴリやユーザー名を指定することで、広告配信の対象をさらに絞り込むことができます。また、動画のカテゴリを選択して、動画のマッチングの精度を高めることもできます。動画の再生開始から6秒が経過すると [スキップ] ボタンが表示されます。

手順ガイドを参考に、この広告キャンペーンを作り始めましょう。

ベストプラクティス

この広告キャンペーンにはツイート本文は表示されません。キャンペーンフォームに直接プレロール動画をアップロードするだけで開始できます。動画再生の開始から [スキップ] ボタンが表示されるまでの6秒間のメッセージに焦点を当てましょう。

ブランドに合った適切なコンテンツカテゴリをターゲティングし、2つの動画がオーディエンスの興味関心に一致するようにしましょう。

これはすべての動画に当てはまることですが、モバイルユーザー向けに目立つブランディングを採用し、音声を使わない戦略を取り入れるとともに、動画がTwitterのクリエイティブの仕様に一致しているか確認しましょう。詳細についてはプレロール広告で推奨されるベストプラクティスをご覧ください。

課金対象

料金は広告キャンペーンにより増加した動画の再生数に対してのみ発生します。入札ユニットはプレロール動画再生あたり(2秒/50%表示再生)3秒/100%のプレロール動画再生あたり6秒のプレロール動画再生あたりのいずれかを選択できます。再生が発生しなかったインプレッションは無料となります。 

また、上限入札と自動入札のいずれかを選択したり、広告キャンペーンの総予算と日別予算を設定したりすることもできるため、広告キャンペーンの支出を細かく調整できます。

エンゲージメントあたりに支払うコストは、予算と入札およびターゲティングによって決まります。リアルタイムの入札ガイダンスが設定プロセス中に表示されます。

プレロール型のターゲティング広告を今すぐ配信しましょう

ベストプラクティスでより良い結果を

広告を始める準備はできましたか?